不動産の登記簿・登記謄本

登記簿とは、不動産の物的概況や権利関係を明確に示す公的な情報源です。個人に対して戸籍があるようなもので、不動産においての登記簿がその土地や建物の現在に至るまでの権利変動を示します。登記簿を見ることでその不動産の歴史を知ることができるとも言いかえられます。
不動産登記法においては、登記簿のことを「登記記録が記録される帳簿であって、磁気ディスクをもって調製するもの」と定めています。この定義は登記簿を「帳簿」と位置づける一方で、「磁気ディスクをもって調製する」としています。「帳簿」という言葉からは紙を綴ったノートのようなものを思い浮かべてしまいますが、広い意味で「記録を束ねるもの」という認識で解釈をした方がよいでしょう。
不動産登記法の改正により、登記情報は以下二種類の登記簿によって記録されるようになっています。①コンピューター様式の磁気ディスクによる登記簿(登記事項は電磁的記録として保管)。②従来からのバインダー式による紙の登記簿(登記事項は紙に書き込んで保管)。
登記簿では、土地と建物は別々に記載されます。従来からの書面式の登記簿の場合バインダー式になっており、1冊のバインダーに多数の物件の登記用紙が地番の順にファイルされます。バインダー式の帳簿に綴られている1物件ごとの登記用紙も、慣用的に登記簿と呼ぶ場合もあります。ちなみにバインダー式の場合、土地は緑色、建物は赤茶色として色が区別されています。

http://www.lc-osaki.jp/